◆惑星時間、惑星の日を意識する方法

 

惑星の日というのは、ズバリ曜日のことです。

月曜日は月が支配

火曜日は火星が支配

水曜日は水星が支配

木曜日は木星が支配

金曜日は金星が支配

土曜日は土星が支配

日曜日は太陽が支配

となっています。

 

惑星時間というのは、曜日と太陽があるハウスで決まっていきます。

ハウスは前半と後半に分けます。

太陽は、12ハウス、11ハウス、10ハウスと動いていきますので、

例えば水曜日の図で、太陽が11ハウス後半にあれば、

その時間を支配している惑星は木星となります。

計算方法は、水曜日の場合、水星から惑星を数えはじめます。

①12ハウス後半ー水星

②12ハウス前半ー月

③11ハウス前半ー土星

④11ハウス後半ー木星★

⑤10ハウス後半ー火星

⑥10ハウス前半ー太陽

⑦9ハウス後半ー金星

⑧9ハウス前半ー水星

⑨8ハウス後半ー月

このように、惑星をカルディアンオーダーの順で当てはめていきます。

※カルディアンオーダの並び→(土星、木星、火星、太陽、金星、水星、月)

 

 

 

◆惑星時間にしたいこと、してはいけないこと

 

●土星時間、土曜日

不動産、農業、こういったモノは土曜日にしたほうがいい。

土地を耕す、考古学、古いことの探求など。

不動産屋は土曜日は休んではいけない日となる。

 

●木星時間、木曜日

聖職者の艦隊式、坊さんの就任などは木星の日、

お金を借りるのも木星

ペットの購入、外科手術、薬を飲むのも木星。

 

●火星時間、火曜日

火星は外科手術、メスのナチュラルルーラー

火曜日の火星の時間が適している

歯を削る、抜歯もいい、火に関するものはいい、

だから歯医者は火曜日休んではダメ、

美容室も火星はやすまないほうがいい、

(美容院の場合、金星もかかわっているので金曜日もやすまないほうがいい)

 

●日曜日

聖職者はやすみにしている

求婚に適している。

口論もいい。賢くなれるという意味なので、議論のようなことだろう。

 

●金星、金曜日

求愛行動、楽しみ、歓楽、

金曜日の飲み会などはいい、

 

●水星、水曜日

商売、商業にいい。

物を貸すのもよい、レンタルなど。

商店街は水曜日や住んではダメ。商業の日なので。

 

●月の月曜日

感情的になりやすいですが、

月がサインを変わろうとしている時などは、リセットに良いです。

日常繰り返される些細な出来事はすべて月なので、日用品の買い物など良いです。

 

 

これらは重要なテーマのイレクションを作るときには、それほど重要視しません。

可能であればしてくださいという程度でいいようです。

しかし日常生活で、曜日はなじみがとてもあるので、日常の小さなことには使えます。

活発に動く日は火曜日がいいでしょう、刃物、火、激しいスポーツなどもそうです。

 木曜日は銀行に行く日とか、大きなお金を動かす日などにいいです。

 金曜日は、娯楽、恋愛、楽しいこと全般、とても合いますので、

 意識的にそれらを取り入れてみても、惑星の力を感じることができるかと思います。